【レビュー】OneTigris製フェイスマスクが頬付しやすくて快適!

先日、「ブギー レギュレーター」というゴーグルを購入したのですが、やはり歯への被弾が怖いのでフェイスマスクを購入しました。

Twitter上でも「歯が折れてトラブルになった」という話も聞きますし、なおさら怖くなりましたね…。

というわけで今回は購入したOne Tigris製フェイスマスクのレビュー記事になります。

購入を迷っている方やどれを買おうか迷っている方の参考になればと思います!

OneTigris製フェイスマスクの詳細

今回購入した物は「OneTigris製のフェイスマスク」です。カラーはブラックを購入しました。

Amazonではカラーバリエーションが15種類もあるので、装備に合ったカラーを選べるのは嬉しいですね。

外観はこんな感じ▼

最大の特徴は口の部分はスチール製メッシュ、頬の部分は布製という構造になっている点ですね。

それでは詳しくレビューしていきます。

金属製メッシュで歯をしっかりガード!

フェイスマスクを着用する最大の利点が「歯への被弾を防げる」ということ。

「歯って硬いからそんなに折れないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、意外と脆いんですよね。特に前歯は他の歯と比べて薄いので簡単に欠けたりします。

なのでCQBフィールドでは、大体フェイスマスクの着用が義務付けられていたりしますよね。

私は万が一のことを考えて、たとえ広い屋外フィールドでも被弾するリスクはあるので、フェイスマスクを着用することにしました。

さて、レビューに戻ります。

口の部分はよくある金属製のメッシュ構造。バラクラバ等と違い通気性が良いのでゴーグルが曇りづらくなるメリットがあります。

また、メッシュ部分は簡単に変形させることが出来るので、自分の顔の形状に合わせて調整出来ます。

布部分は柔らかくて快適!

布部分はソフトパッドが入っているのでそれなりに厚みがあります。しかし柔らかい素材なので、つけていてもそれほどゴワゴワ感は感じません。

メモ

布部分に被弾した場合でもある程度のダメージは緩和してくれそうです。(至近距離だと流石に痛いかも?検証します。)

そして、この部分が柔らかいおかげでフェイスラインに沿うようにフィットしてくれます。

全面が金属メッシュのフェイスマスクだと結構フェイスラインが痛くなりがちでしたが、このフェイスマスクは当たる部分が布なので痛くなりにくいですね。

裏側はメッシュ加工されているため、汗をかいてもすぐに乾いてくれるので快適です。

頬付するとこんな感じ。分かりづらいですが、かなり頬付がしやすい!

多少ゴワゴワ感はあるものの、フェイスマスクをしているとは思えないくらいの快適さです。全面金属フェイスマスクやマルイ製プロゴーグルとは比べ物にならないですね。

しかし、頬付をしやすく特化したためか左右下顎部分が露出してしまいますここはちょっと怖いですね…。

バンドでしっかり固定できる

バンドの構造はこんな感じ▼

各バンドの長さはここで調整可能です。4箇所あるので微調整も出来ますね。

着用するときは四角い部分を水平(後頭部)ではなく、少し上目(頭頂部付近)に持ってくると斜めになって安定します▼

写真のようにバンドの留め具が耳の部分にかかりますが、私はあまり気になりませんでした。もし圧迫されて痛い場合にはクッション素材を貼り付けても良いかもしれません。

あと地味に嬉しいと思ったのが、ロゴは裏地にプリントされているので着用するとロゴが見えなくなる点です。雰囲気を損なわない配慮がされているのは嬉しいですね!

注意点として

フェイスマスクとキャップとゴーグルすべてを装備してみると、やはり安心感が違いますね。守られている感が凄い。

しかし、ちゃんと位置調整しないとこのように隙間が開いてしまいます。

 

少しでも隙間があると、そこからBB弾が入る可能性があるので注意したいですね。

私の場合、金属メッシュをうまく調整する事で改善しました。

さいごに|やはりフェイスマスクは必須

以上、OneTigris製フェイスマスクのレビューでした。

冒頭でも少し触れましたが、歯が折れるとトラブルになったり、自己責任といえど加害者側も気分の良いものではありません…。

フェイスマスクをするとゴワゴワしたり見た目を損なうデメリットがありますが、安全にサバゲーを楽しむのならやはり着用した方が良いですね。

お互い思いやりを持ってサバゲーを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。