【レビュー】薄くて軽いゴーグル「ブギー レギュレーター」がかなり使いやすい!

サバゲーをする上で重要な装備のアイウェア。

今まで東京マルイ製のプロゴーグルを使っていたんですが、大きくて装備に干渉したり頰付しにくいというデメリットを感じていました。

そこで、薄くて小さいゴーグルが無いかと探したところ見つけたのが「Boogie Regulator」というゴーグル。

実際に購入してみた結果は、、、

コンパクトで視界も広くて最高のゴーグル!となりました。

というわけで今回は「ブギー レギュレーター」の外観、使用感をレビューしていきますので参考にしてください。

Boogie Regulatorとは

付属品

  • ゴーグル本体
  • ポーチ
  • 取扱説明書
  • ステッカー

スキー用ゴーグル等で有名な「Smith Optics Elite」から、ジャンパー用ゴーグルとして発売されたのがこの「Boogie Regulator(ブギー レギュレーター)」です。

ミリタリー及びタクティカル分野で支持されており、実際に米軍でも採用されているゴーグルです。つまり実物ゴーグルとなりますね。

実物なので高いだろうと思いきや、5000円くらいで買えます。なんてコスパが良いのだろう…。

コンパクトで軽い

まずは外観から。

「ブギー レギュレーター」の最大の特徴はこの薄さ

かなり薄くてコンパクトですよね。今までマルイのプロゴーグルを使っていたので、手に取った時はその差に驚きました。

重さも約50gほどとかなり軽量。着用してても重さを感じないので動きが軽くなりますし、長時間の使用にも向いていますね。

▼ポーチに入れるとこんな感じ。素材はメガネ拭きのような柔らかい布地です。

専用のポーチなのでサイズ感もぴったり。小さいので持ち運ぶ時にかさばらないのは嬉しい。

レンズはアメリカの規格(MIL-DTL-43511D)に準拠した耐衝撃強化ポリカーボネート製。なのでサバゲーでの使用においても問題はありません。

カラー展開はクリア、グレー、イグナイター(薄い赤)の3種類。見た目的にかっこいいのはグレーなんですが、視界は見やすい方が良いのでクリアを選択しました。

そしてレンズの上部には換気用の穴が空いています。ツマミをスライドさせると開閉出来ます。

グラス部分にはアンチフォグ加工もされており、強制排気は出来ないものの換気穴と合わせて曇り対策がされています。

しかし、口コミでは曇りやすいといった意見も多かったですね。(後述します)

▼レンズ内側の保護パットは柔らかいウレタン製。

ぐるっと隙間なくパッドがあるので顔にガッツリフィットします。

▼ちょっとチープなのがストラップ部分…。

下手すると水泳用ゴーグルのバンドよりもちゃっちいかもしれません…。こういうところでコストカットしているんでしょうね。

良い点を挙げるとするなら、見た目がシンプルなのでつけた時は目立ちにくい事くらいでしょうか。

もし気に入らなければ簡単に交換出来るので、自分好みに自作しても良いかもしれません。

ヘルメットと併用する場合にこんなアイテムもあります▼

着用してみた感想

それでは実際に着用してみた感想を。

視界がクリアで見やすい

クリア色なのと、レンズと顔の距離が限りなく近いこともあってかなり視界が広いです。

視界の中にゴーグルの縁が少ししか入ってこないので、裸眼の時と変わらないくらいの視界の良さ。

マルイのプロゴーグルと比べても視界の広さは全然違いますね。

視界が良ければ相手を視認しやすいので、ゲームではかなり有利になると思います。

装備類に干渉しない

マスクが無いので当たり前ですが、頰付するのに全く干渉しません。

また、ドットサイトのサイティングもスムーズに行えますね。ゴーグルの厚みが無く飛び出ていないので、特にACOGやライフルスコープのサイティングはかなりしやすくなります。

帽子のツバを前向きに被っても全く干渉しないので、個人的にはここが一番嬉しいポイント。

曇り止め必須?

口コミにも書かれていたんですが、アンチフォグ加工されていたり換気口がついていても多少曇ってしまいますね…。

気温や湿度によって違うかも知れませんが、汗をかく夏場は湿気で曇っちゃいます。

上部だけにしか穴が無いので、ゴーグル内の換気が上手く出来ていないのかもしれません。

なので、よりストレスフリーでゲームをするためには曇り止めの使用は必須でしょう。

ちなみに私はパールの曇り止めを使っています▼

口への被弾対策にフェイスマスクを

シューティングマッチやタクトレなど一人でやるゲームはこのままで良いですが、対人となると口や歯の部分への被弾が怖いですよね…。

CQBフィールドではフェイスマスク着用を義務付けているところがほとんど。

私自身今までフルフェイスのマルイ製プロゴーグルを使っていたこともあり、顔を晒すのは怖くて出来ません。

なのでフェイスマスクを併用することにしています。

フェイスマスクは色々ありますが、口の部分だけメッシュのこちらを使っています。

頬の部分が布地なので頬付もしやすく、干渉しにくいのでおすすめです

見てくれは少々悪くなりますが、安全面を考えるならフェイスマスクは着用した方が無難ですね。

最後に

以上、「ブギー レギュレーター」ゴーグルのレビューでした。

薄い!軽い!コンパクト!でかつ安い実物ゴーグルということで、かなりおすすめ出来るゴーグルでした。

曇りやすいのは少し難点ですが、対策できるので問題も無いですね。

装備に干渉しない、視界が広くてクリアなゴーグルを探している人には「ブギー レギュレーター」は選ぶ価値のあるゴーグルです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。