これだけは抑えておきたいサバゲーの基本的なルール・マナー

サバゲーを楽しむ上で、ルールやマナーを守る事はとても大事な事です。

「サバゲーを始めてみたい」や「今度初めて行く」といった方の中にはルールがわからなくて不安だ、という人も多いのでは無いでしょうか。

当記事ではサバゲーの基本的なルールやマナーをご紹介していますので、これからのサバゲーデビューに役立ててください。

基本的なゲームルール

サバゲーの基本的なルールは、2チームに別れての対戦になります。

一般的に主流なルールは、自分の陣地にあるフラッグを防衛しながら相手陣地のフラッグを奪取するフラッグ戦やFPSゲームによくあるチームデスマッチ戦が一般的なゲームルールでしょう。

また、一回当たったら退場の場合もあれば、チームで合計○回まで復活可能、メディック役が触れると復帰など、復活ルールも様々です。

その他変則ゲームルールとして

  • チームで大将一人を選出、大将がやられたら負けの大将戦
  • ハンドガンオンリーゲーム
  • スパイゲーム
  • 拠点防衛戦
  • etc…

と、ここには挙げきれないほど数多くの種類があります。

これらのゲームルールが豊富にあるおかげでマンネリ化しにくく、同じサバゲーでも新鮮な気持ちで楽しむ事ができます。

それぞれのフィールドにより行われるゲームルールが異なるので初心者の方は不安に思うかもしれませんが、ゲーム開始前に運営側から説明があるので安心してください。

サバゲーのマナー

次にサバゲーのマナーについてです。

サバゲーとは、この「マナー」によって成り立っていると言っても過言では無いのでしっかりと押さえておきましょう

ヒットは自己申告制

全国のサバイバルゲームに共通するルールが「ヒットは自己申告制」ルールです。

サバゲーではペイント弾ではなくBB弾を使用するため、ヒット判定が当人にしかわかりません。
そのため、ヒットしたら必ず手を上げて大きな声で「ヒット!」と宣言をしましょう。

声が小さかったりしてヒットが相手に伝わらない場合、打たれ続けてしまう場合もあるので少しオーバー気味にアピールするのがオススメです。

また、ヒット判定は体だけでなく、銃や自分の装備に当たってもヒット判定となるので注意しましょう。

フレンドリーファイアもヒット判定

フレンドリーファイアとは味方が味方を撃つ事、つまり同士討ちの事を言います。

撃った側はゲーム続行となり、撃たれた側は退場となります。

同士討ちだからといってヒットにならないということは無く、とにかく弾に当たったらヒットと覚えておきましょう。

退場時はアピールしながら

ヒットされて退場する時、普通に歩いて帰っていると撃たれる場合があります。

退場時は両手(もしくは片手)を上げて「ヒット」と言ってアピールしながら退場しましょう。

ブラインドファイアの禁止

ブラインドファイアとは、バリケード等の遮蔽物に隠れながら銃だけ出して撃つことを言います。

なぜ禁止なのか。

銃だけ出して撃つという事は「敵を視認せずに撃つ」という事です。

もし撃った先にマスクを外した人がいれば当然危険ですし、至近距離にいれば止め時もわからず撃ち続けて蜂の巣に、なんていうことも起こり得ます。

サバゲーはとにかく安全に、を心がける必要があるためブラインドファイアは禁止行為をなっています。

ゾンビ行為は絶対にやめよう

ヒットしたのにも関わらずゲーム続行した人の事を『ゾンビ』と良い、この『ゾンビ行為』はサバゲーにおいてもっとも嫌われる行為の一つです。

あまりに悪質だとトラブルになってしまい、最悪の場合出入り禁止にもなりかねないので十分注意しましょう。

当たったかな?と疑わしい時はヒット判定としたほうがトラブルも起きづらいです。

お互いにマナーを守って楽しくゲームが出来るよう心がけましょう。

エアガンのジュール規制

こちらはマナーというより、法律に触れる部分なので必ず守らないといけません。

日本の法律によりエアガンのパワーは規制されています。

BB弾の重さ別の初速を例に挙げると

  • 0.20g→98.48m/s
  • 0.25g→88.09m/s

といった値になります。(詳しくはWikipediaを参照)

東京マルイを始めとする国産エアガンは、このジュール規制に則って作られているため箱出し状態ではまず気にする必要はありません。

しかし、海外の電動ガンや自分でエアガンのカスタマイズして使う場合、規制を超える値が出てしまう危険があります。規制を超えてしまうと所持するだけでも銃刀法違反になるので十分注意しましょう。

また、フィールドによって初速の規制値が異なる場合があります。

法律上はクリアしていてもフィールドによってはさらに厳しく値を設定している場所もあります。

せっかく持ってきたのに使えない、といった事態に陥らないよう事前にサイト等で確認しておくのが無難です。

エアガンは危険ということを認識しよう

上記のようにパワーは規制されているといっても、使い方を誤れば事故に繋がります。

フィールドによってレギュレーションは異なりますが、

  • ゲームフィールド内ではゴーグル着用必須
  • セーフティエリア内ではマガジンを外す
  • セーフティエリア内では銃のセレクターをセーフティに入れる

など、安全に関するルールは細かく取り決められている場合が多いです。

これらを守らないと事故を招くことになるので絶対に守りましょう。

最後に

ここで紹介したルールやマナー以外にも、フィールドによってルールが異なるので事前に確認しておくのがおすすめです。

サバゲーはみんなの協力で成り立っている紳士淑女のスポーツ。

一人でも守れないとみんなが楽しめなかったり、最悪の場合「今後サバゲーが遊べなくなる」という事にもなり兼ねません。

これからもサバゲーが楽しめるよう、守るべきルールやマナーをきちんと守ってサバゲー界を盛り上げていきましょう!

【初心者向け】これを読めばわかる!サバゲーの始め方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。