東京マルイ製エアガンの特徴まとめ|メリット・デメリット

「レンタル装備を使って何回かサバゲーに参加したけどそろそろ自前の銃が欲しい」という方や、「サバゲーに参加するため自分の銃が欲しい」という方にとって最初のエアガンをどれにすれば良いのかは迷ってしまいますよね。

当記事ではそれぞれのカテゴリーごとにメリット・デメリットをまとめてみたので最初の一本目を選ぶ参考にしてください。

最初の一本目は東京マルイ製がおすすめ!

当サイトでは、初心者が購入したほうが良いメーカーに東京マルイをオススメしています。

理由は

  • 国内生産で安心
  • 作りがしっかりしていて初期不良が少ない
  • アフターサービスがしっかりしている
  • エアガンの種類が豊富

といった点から。

詳しくはこちらをご覧ください>>>
【サバゲー初心者向け】東京マルイ製をおすすめする理由は?他社製はダメなの?

東京マルイのラインナップ

東京マルイのラインナップは以下の通り▼

  • スタンダード電動ガン
  • 次世代電動ガン
  • ハイサイクル電動ガン
  • ガスブローバックガン

その他にエアーコッキングガンやガスブローバックハンドガン等ありますが、玄人向けであったりメインウェポンから選定ということで上記のラインナップとしました。

それでは項目毎に紹介していきます。

スタンダード電動ガン

もっともポピュラーな電動ガンがスタンダード電動ガンというカテゴリ。

結論として言えば最初の一本目を買うなら、スタンダード電動ガンの中から選ぶのがオススメです。

その理由として

  • 安価
  • 他モデルと比較して壊れにくい
  • 扱いやすい
  • 慣れれば修理も容易

これらが理由です。

まずはスタンダード電動ガンを購入してサバゲーに慣れていくのが一般的だと思います。

 

ハイサイクル電動ガン

ハイサイクル電動ガンの最大の特徴は連射速度の速さ。

秒間25発程度とスタンダード電動ガンに比べて約2倍のサイクルが魅力です。

メリットとしてはその圧倒的な火力が挙げられます。

サバゲーではその火力を生かし、弾幕を張る事でゲームを有利に進められるでしょう。バリケード裏に隠れている敵を動けなくすることも可能です。

しかし、デメリットとして

  • 動作音が大きい
  • 弾の消費が激しい
  • オーバーキル(撃ちすぎ)になりがち

というのが挙げられます。

ハイサイクル電動ガンは構造上、どうしても射撃音が大きくなってしまいます。経験者だと音を聞いただけでハイサイクル電動ガンだとわかるほど特徴的な射撃音です。

サバゲーにおいて隠密行動は長く生き残る上でも重要ですが、射撃音の大きさは敵に居場所を知らせる事になるためデメリットになってしまいます。

また、ハイサイクルの魅力である連射速度は、一方でデメリットにもなります。

それは弾の消費の早さとオーバーキルの問題。

連射速度が速いということはそれだけ弾も消費が早くなってしまう事を意味します。撃った弾は使い捨てなので、なるべく無駄撃ちを無くさないと弾代もバカにならないんですよね。

オーバーキルとは、相手がヒットコールをした後も撃ち続けてしまうことです。通常のサイクルの銃でも何発か当たってしまいますが、はいサイクルだと必要以上当たってしまう危険もあるので注意して使うようにしましょう。

以上がメリット・デメリットでした。

圧倒的な火力でアタッカーとして活躍したいならハイサイクル電動ガンを購入して使ってみてください。

 

次世代電動ガン

強烈なリコイル(反動)、弾が無くなったら射撃ストップするリアルな動作、本物さながらの作りが魅力の次世代電動ガン。

サバゲーにおけるメリットはほぼ無いと言ってもいいでしょうか。

強いて言えば

  • 作りが頑丈で剛性が高い
  • リアルな操作感でサバゲーがより楽しくなる。

というところ。

スタンダード電動ガンと比べて金属素材が使われていたりと、作りが頑丈な部分が多いので壊れにくくしっかりしている。少々荒く使っても大丈夫と言えるでしょう。

また、リコイルやマガジンストップなどリアルな動作が味わえるので、サバゲーという非日常空間をさらに盛り上げてくれるのは間違いありません。

射撃性能はスタンダードモデルとほぼ変わらないので、上記の事が魅力的だと思ったら購入の選択肢に入れてもいいでしょう。

逆にデメリットは以下の通り▼

  • 高価
  • 動作音が大きい
  • 重量がある
  • 消耗品パーツが多い

メリットとして金属パーツが多く使われている点を挙げましたが、これによりデメリットもあります。

まずは高価な点。

使用されているパーツが金属なので高価となり、スタンダード電動ガンと比べて1.5~2倍の値段がするエアガンもあります。初心者にとって手が出しづらい価格帯なので1本目の選択には厳しいかもしれませんね。

次に重量が重たい点。

金属パーツを使用する事でプラスチック製よりも重たくなっています。動き回るサバゲーにおいて重さはデメリットでしかありません。

さらにサイトやグリップなどのパーツをつけるとより重たくなってしまうので注意が必要です。

最後にリコイル機能によるデメリット。

リコイルユニットが搭載されている事で、射撃音の大きさと消耗品パーツが多い事に関係します。

ストック内にある鉄の棒が前後に動く事でリコイルを発生させているんですが、これが動作する時に大きな音が出てしまいます。

またリコイルユニットがある分、スタンダード電動ガンよりも余分に壊れるパーツが多いという事です。撃つたびに鉄の棒が動くので寿命も短いと言えるでしょう。

以上が次世代電動ガンのメリット、デメリットでした。

サバゲー使用でのデメリットは大きいですが、なにより使っていて楽しいのが魅力のエアガンです。

高価なので初心者にはなかなか手が出しづらいと思いますが、楽しいエアガンなので使ってみる価値は十分にあります。

 

ガスブローバックガン

電動ガンとは一味違うリコイルとリアルな動作、操作感が魅力のガスブローバックエアガン。

サバゲーにおけるメリットはほとんどありませんが、強いて言うなら次世代電動ガンで挙げたようにサバゲーが楽しくなる、というところでしょう。

リアルな見た目と操作性は触っているだけでも楽しくなります。

デメリットは

  • 動作が不安定
  • 射撃音が大きい
  • 高価

と言ったところ。

パワーソースがガスということで、動作が不安定な部分があります。

連射をしているとガス圧の低下により弾が出なかったり、飛距離が出なかったり、冬時期は寒いため満足に動作しないといった問題が出てきます。

これはガスの特性上仕方ありませんね。オールシーズン使うことは難しいため最初の1本目には向かないでしょう。

また、射撃音の大きさもゲーム中はデメリットになります。

発射と同時に「バンッ」っと大きな音が出るため、隠密行動が有利となるサバゲーでの運用は少々難しいでしょう。

以上がガスブローバックガンのメリット・デメリットです。

これらのデメリットがあっても、リアルな操作感や見た目はそれを上回るほどに楽しく魅力があります。

高価でデメリットも多いですが、サバゲーをより楽しみたい場合は選んでみて後悔は無いエアガンなので選択肢の一つとしていかがでしょう。

最後に

以上がそれぞれのメリット・デメリットでした。

結論から言えば、最初の一本はスタンダード電動ガンの中から選ぶのがオススメですが、他のカテゴリの銃も魅力があるので自分のスタイルや何を目的に楽しむかを考えて選んでみてください。

 

1 COMMENT

けんしん

自分が数年間サバゲーで使用した感覚では、スタンダードと次世代の性能の差は雲田の差に見えましたが。

ただ単なる撃ち合いになったら次世代には敵わないかと思います。

初心者が次世代相手にスタンダードで戦うのは荷が重いと思います。

ゲームフィールドによるかも知れませんが、野山のフィールドでは圧倒的に次世代が強いです。

テクニックの差は入れないでの話をですけどね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。